びっくりしている男性と頭を抱える男性
公開履歴
薬を持っている様子

早漏の悩みは男性にとって極めて深刻なものなので、性行為をする機会が多い男性は早く症状を改善させなければなりません。
男性は射精することで満足できますが、女性の方は中途半端なまま終わるため不満を抱えてしまいます。
早漏を根本的に改善させるには治療薬を服用することが大切ですが、その前にストップ・スタート法という治し方を試すことも有効です。
両者を同時に行って効果を高めることもできます。
さまざまなアプローチで早期改善を図ることが大切です。

早漏の治し方の一つストップ・スタート法を試してみる

短時間で射精することが問題になるのは性行為のときに限られ、自慰行為であれば何の問題もありません。
早漏の治し方として、自慰行為のときにトレーニングをすることが注目されています。
これはストップ・スタート法と呼ばれる方法です。
単なる早漏改善のトレーニングをするのは苦痛ですが、ストップ・スタート法は自慰行為を楽しみながら取り組むことができます。

自慰行為というのは、射精するまでの過程を楽しむために行うというより、射精する快感を求めて行うものです。
たいていの男性は、自慰行為にそれほど長い時間をかけません。
早漏で悩んでいる男性にとって、この時間を単なる射精で終わらせてしまうのはもったいないです。
少し工夫をしてストップ・スタート法に取り組めば、早漏改善の効果につながります。

ストップ・スタート法という名称からも分かるように、ストップとスタートを交互に行う簡単な方法です。
自慰行為の経験があれば、何をストップ・スタートするのかは容易に分かります。
射精が近づいていると感じた時点で動かしている手を止め、しばらく待ってから再び動かすのです。
性行為で挿入しているときは、射精が間近だと思っても簡単には止められません。
しかし自慰行為なら好きなタイミングで止められます。

ストップ・スタート法を続けていけば、自慰行為にかける時間が自然と長くなっていきます。
実は、この経験が非常に重要な意味を持っているのです。
射精するまでには時間がかかるものだと体が覚えていれば、性行為をするときも長い時間をかけようとします。
短時間で射精するのが基本になっていると、どうしても射精が早まるのです。
性行為のときの性的刺激は自慰行為の比ではないため、日頃の訓練がなければ射精を止められません。

早漏を治すにはプリリジーを服用してみる

ストップ・スタート法にも効果が期待できますが、これは強引に射精をコントロールする方法なので、耐えられないレベルの性的刺激が急に加われば即座に射精してしまいます。
性行為で挿入している間には、自慰行為よりも強い刺激が常に加わるため、ストップ・スタート法の成果だけでは早漏を完全には防げないのです。
根本的な解決を図るためには、早漏治療薬を服用することが欠かせません。

安心感のある早漏治療薬はプリリジーです。
プリリジーの主たる成分として配合されているダポキセチンが、早漏改善に大きな役割を果たしています。
ストップ・スタート法は男性器に加わる刺激を調整する訓練ですが、プリリジーは脳内物質に働きかけていくのが特徴です。

男性器に性的刺激が加わったからといって、そのまま射精に至るわけではありません。
性的刺激は脳に送られ、射精するかどうかの判断を脳が下すのです。
もちろんストップ・スタート法も無意味ではないので、自慰行為にストップ・スタート法を取り入れることは大切ですが、男性器への刺激に強弱をつけるストップ・スタート法だけで十分とはいえません。

プリリジーは早漏改善のために服用する薬として、世界各国で認可されています。
服用する形の早漏治療薬はプリリジーが世界初です。
世界初の薬だからこそ、注目を集めたといえます。
ダポキセチンが主な成分で、その役割は脳内のセロトニン分泌を促進させることです。
早漏の大きな原因は、セロトニンが足りないことにあります。

セロトニンは性的刺激に関わるノルアドレナリンという物質の働きを妨げます。
ノルアドレナリンの作用が過剰になると射精が早まってしまうため、ダポキセチンを摂取してセロトニンを増やすことが重要です。
ダポキセチンの摂取を継続していくと、セロトニン分泌がスムーズに行われ、早漏改善の効果につながります。

プリリジーは短時間作用型のSSRIに分類される

プリリジーの主成分ダポキセチンを薬として分類すると、短時間作用型のSSRIになります。
SSRIというのは見慣れない名称ですが、セロトニン再取り込み阻害と訳される用語です。
本来、SSRIが用いられるのは精神的な疾患が多く、うつ病・気分障害に悩まされる患者が症状を改善させるために服用していました。
うつ病などの患者がSSRIによる治療を行っていたときに、早漏改善の効果も期待できることが分かってきて、早漏改善の薬としても用いられるようになったのです。

もともとSSRIを服用していた患者は、特に早漏の悩みを抱えていたわけではありません。
射精に関しては正常な状態だったため、SSRIを服用したことで遅漏になってしまった患者もいます。
その状況を見て、早漏にも何らかの効果が出るのではないかと考えられたのが、プリリジー誕生のキッカケだったわけです。

さまざまなSSRIを確認した結果、どのSSRIでも早漏改善の効果が期待できるのではないことが分かってきました。
遅漏になったと訴えていたのはダポキセチンを摂取していた患者です。
そこから研究が進められ、プリリジーが世界初の経口早漏治療薬として開発されたのです。

SSRIはセロトニン再取り込み阻害のことを指していて、セロトニンに関係があることが分かります。
セロトニンが十分に分泌されることが早漏改善には不可欠なので、セロトニン再取り込み阻害の働きが期待できるダポキセチンを摂取することが効果的だといえるのです。

プリリジーに限らず、最初は別の治療目的で開発されていた薬がふとしたキッカケで他にも転用されることは多々あります。
具体的な効果・副作用などについても、多くの研究が進められてきたのです。

プリリジーの主な副作用について

どのような薬を服用する場合でも、もっとも気をつけなければならないのが副作用の問題です。
薬を服用すれば治療効果が期待できるわけですが、その効果が強ければ強いほど副作用のリスクも大きくなるといえます。
プリリジーの場合も、さまざまな副作用が起こる可能性が指摘されているのです。

たとえば頭痛・めまい・身体の疲労感・のどの痛みなどがあります。
副作用が起こりうると聞くと摂取するのが不安になりがちですが、プリリジーはSSRIの中では副作用のリスクが小さいです。
必要以上に心配することはありません。

副作用のリスクをできるだけ小さく抑えるためには、使用方法をきちんと守ることが大切です。
プリリジーには即効性がなく、性行為の1~3時間前に服用するのが基本とされています。
とりわけ重要なのは服用するタイミングではなく、1回あたりの服用量です。
プリリジーは30mgを服用すれば早漏改善の効果が期待できます。
個人差があるため60mgが必要な男性もいますが、初めてプリリジーを服用するときは30mgにしておくのが無難です。

早漏の悩みがひどい男性の場合、少しでも射精までの時間を長くしたいと考えるのは自然だといえます。
しかし服用するプリリジーの量を増やしたからといって、射精までの時間も延長されるわけではありません。
1回あたりの服用量は厳密に決められているものなので、自分の判断で勝手に増やすのは禁物です。
どのくらいの量にすればよいか分からないときや、もっと増やした方がよいのではないかと考えるときは、必ず医師に相談しなければなりません。

用法用量をきちんと守って服用するように心がければ、プリリジーで頭痛などの副作用が起こることは少ないです。
万が一起こってしまったとしても、それほど強い痛みにはならず、短時間で回復します。