• ホーム
  • 早漏改善におすすめなポゼットの成分

早漏改善におすすめなポゼットの成分

2020年03月16日
薬を持っている様子

早漏の悩みを抱えている男性は、なんとか射精時間を延長させたいと願っています。
そのために男性器のトレーニングを行っていたり、性行為をする少し前に自慰をしておいたりするのです。
ただ、これらの涙ぐましい努力は応急処置のようなものに過ぎず、トレーニングが不十分だったり自慰を忘れたりすると短時間で射精してしまいます。
根本的に早漏改善を図りたいのであれば、早漏治療薬を服用することが欠かせません。

早漏改善を目指す男性の間で注目されているのはポゼットです。
ポゼットは早漏治療薬として有名なプリリジーのジェネリックで、プリリジーよりも安く手に入るところが評価されています。
短期間で早漏を改善させるのは難しく、たいていの男性は早漏治療薬を長く服用しなければなりません。
少しでも費用を抑えるために、最初に開発されたプリリジーではなく、後から開発されたポゼットを服用する男性が増えているのです。

ポゼットはジェネリックなので、使われている成分はプリリジーと変わりません。
脳内の興奮を抑制する役割を果たすダポキセチンという有効成分です。
早漏の大きな原因は、脳内に性的な刺激・興奮が伝わり過ぎてしまうことにあります。
プリリジーやポゼットに含まれるダポキセチンは、脳内のセロトニンという物質に働きかけ、性的な刺激を抑制する効果をもたらす成分です。

性的な刺激が伝わりにくくして射精時間を延長させると、射精できない可能性があるような気がしてしまいます。
しかし、ダポキセチンは刺激を断ち切るわけではありません。
プリリジーやポゼットを服用していないときと比べて緩やかに伝わらせるだけなので、射精できなくなることはないのです。
早漏で悩んでいる男性の場合、ちょうどよいタイミングでの射精が期待できます。

スムーズな射精をするためには、ダポキセチンの過剰摂取に注意しなければなりません。
プリリジーにせよポゼットにせよ、用法用量を厳密に守ることが求められます。

プリリジーのジェネリック、ポゼットの服用方法

少しでも安い費用で早漏改善を図りたい男性は、プリリジーではなくジェネリックのポゼットを服用することが大切です。
ポゼットはプリリジーと同じダポキセチンが使われていて、期待できる効果もほぼ変わりません。
特許の関係で開発費用が安く抑えられるため、安い価格で販売できるのです。
価格が安いからといって、品質面での問題はありません。

プリリジーよりもポゼットが注目される理由は、価格が安いこと以外にもあります。
それは、個人輸入やネット通販で入手できることです。
通常であれば医療機関でプリリジーを処方してもらうところ、ポゼットなら個人輸入はネット通販で購入できるため、恥ずかしい思いをせずに済みます。
早漏の悩みを気軽に打ち明けられる男性はプリリジーでも問題ないわけですが、恥ずかしさがある男性は個人輸入やネット通販を選びたくなるものです。

プリリジーとポゼットを比較してみると、効果や服用方法の点では大きな違いがないことに気づきます。
使われている成分が同じダポキセチンなので、比較した結果が同じようなものになるのは当然です。
どちらを服用する場合でも、副作用のリスクがあることには注意が必要になります。
用法用量をきちんと確認し、正しく服用することが大切です。

ポゼットには即効性がないので、性行為をする直前に飲んでもほとんど意味がありません。
有効成分のダポキセチンが体内に吸収されるまでに1時間ほどかかるため、原則として性行為の1時間前に服用します。
脳内のセロトニンに少しずつ作用して強い性的刺激が加わりにくくなり、射精するまでの時間を延長させるのです。
最適なタイミングで服用できれば、挿入時間が3倍以上になることも期待できるので、何度か服用しながらタイミングを見極めることが欠かせません。